投稿

10月, 2010の投稿を表示しています

COPの愉快な仲間たち ワンちゃん 編

イメージ
スタッフSです。
COP10は終わりましたが、それで終わりではありません。むしろ、スタートなわけです!!
といいつつも、いろいろ整理やお片づけ、これも大切なお仕事です。・・・とその前に、 写真を整理してみると、ワンちゃんの写真がてんこもり。
CIのブースが出ていた生物交流フェアには、たくさんのお客さんとともに、わんちゃんも来てくれました。そのかわいいお客様をご紹介します。
↑CIブースに来てくれました~ かっこいいなぁ。




↑飼い主はイベント出演中 ↓おとなしく、待ってます。疲れちゃったのかな。

↑連日、顔を出してくれました。25&15キャンペーンのバッジをつけてくれました。
キャンペーンの詳細は、(www.conservation.or.jp)



↑バーニー(わんちゃんのお名前)をなでなでするうちのスタッフ

犬、ネコを愛する人はたくさん。同じように、ちょっと視界を広げて、生物多様性を考えてくれる人が増えたらいいな。

名古屋議定書採択 COP閉幕

イメージ
スタッフSです。
お、終わりましたねぇ~。眠っ そして脱力感・・・
昨晩は夜中2時過ぎまでプレナリーを見てましたが、本当にまとまってよかった・・・。 




↑午後8時 最後の作業部会がまだ始まりません。そして午後9時から未明2時過ぎまで議定書採択に至るドラマが・・・。

↓作業部会に備えるCIの生物多様性界の貴公子、いえ生態系政策マネージャー名取

↓作業部会が始まらなくても、外では次回COP開催国のインドがレセプションを。
みんな出来上がっています。あきらめモードで乾杯始めちゃいました。



何か、COPがイベント化している気がするんですが、例えばまとまらなければ観光旅行中止とかペナルティがある・・・なんてなればみんな必死にやるんじゃないかな??なんて思ったりします。来月のUNFCCCはカンクンでしょ?ビーチへの外出禁止とか。


もちろん、採択されたと言っても、課題も残ります。CI的には保全地域を陸域25%&海域15%ということで推し進めていたけれど、それぞれ17%、10%になってしまった・・・。

(CIが名古屋議定書採択にあたりプレスリリースを出しています。まもなくウェブにアップされますので見てみてくださいね。www.conservation.or.jp )


ハリソン ブースに突撃訪問

イメージ
スタッフSです。
ここのところ、ハリソン付き記者のような形です。
ハリソンはまもなく70というのに、こちらの心配をよそに本当に精力的に動いています。本当にCIの理事として、一生懸命に、そして 真摯な姿勢に頭が下がる思いです。
そして、今日は何とブースにサプライズ訪問しましたよ~。 居合わせたお客さん、ビックリですね。



そして、しつこいようですが、陸域25%海域15%保全キャンペーンをここでも勝手出てくれました。 ↓署名しています。



そういえば、今日は日本政府からいのちの共生イニシアティブが発表されましたね!20億ドル(約1600万円)が途上国の生物多様性保全に使われるわけです。ただ、気候変動の鳩山イニシアティブよ同じく、合意が取れたら、みんながやれば。。。という条件つきなんですよね。
ある新聞曰く
ほとんどが今までのODAを「生物多様性の名目」にすりかえる内容であり、追加的ではない・・・とか。

おことわり:こちらでのコメント、意見はCIの公式見解とは異なります。

ハリソン帰国前の大仕事

イメージ
すっかり、ハリソンおっかけ記者になってしまったスタッフSです。
今回、本部スタッフに会って、アメリカのNGOの影響力の大きさ、”非政府”の意味を実感する日々でした。日本でこれだけ政策への影響力があるNGOはないと思うし、セレブがこういうグローバルな活動に自らコミットしていこうという日本人にはいないよね・・・。
本当にハリソンは政治家みたい。そういえば、昔、エアフォースワンってありましたよね。大統領役を演じるもの。
今回の精力的な動きには脱帽。単なる人寄せパンダではなかったです。いえ、それどころか、多くのデリゲーションに会い、メディアにも多く出演し、様々な会合に出会い、CIのキャンペーン活動をし、生物多様性に対して、認知度を高めてくれました。

ハリソンの最後の大仕事はCBDジョグラフ事務局長との共同記者会見でした。↓



↑ 近藤副大臣、CI会長、ハリソン、ジョグラフCBD事務局長

↓上記写真でみんなが持っているCBD特製リンゴ

↑ハリソンと事務局長
本当にお疲れ様でした。ハリソン
ハリソンと事務局長の共同記者会見に関するプレスリリースはCIホームページからご覧ください。 (www.conservation.or.jp )
朝から晩までのスケジュール3泊4日の日程を終え、帰国の途につきました。
今回、多くのメディアのインタビューを受けましたが、そのうちの一つがCNNウェブサイト上に動画がありますのでぜひ見てみてください。↓ http://www.cnn.com/video/#/video/world/2010/10/26/ctw.connector.harrison.ford.cnn?iref=allsearch
ハリソン、そしてCIがアメリカを動かす力になっているのは間違いなしです。
こちらは朝日新聞です。

会場の外を出ると、こんなみなさんが・・・。




ハリソン記者会見 お詫び

スタッフSです。
今日は朝からCBD事務局長アフメド・ジョグラフ氏とハリソンの記者会見です。 バックステージをお伝え・・・したいとことろですが、その前にお詫びが・・・
CIがお詫びすることではないんですけど、会見場の同時通訳が手配されてなかったんです・・・ ってことで今、ブログを書いている場合ではないので、広報の手伝いをしま~す。
では後ほど・・・


CIジャパンの公式ホームページはこちらwww.conservation.or.jp/

CI理事 ハリソン フォード 25&15キャンペーンのため来日

イメージ
おひさしぶりです。スタッフSです。 今日は、CIジャパンにとって大変な一日となりました。

皆さんご存知の25&15キャンペーン(保護区を少なくとも陸域25%、海域15%にしていく)のCIのプロモーションと生物多様性関連のファンド、クリティカルエコシステムパートナーシップ基金(CEPF)が10周年になったのを機に、本が出版され、その記念パーティのため、あの俳優のハリソンフォードが来日しました。

ハリソンは約20年間、CIの理事しています。

朝のCIスタッフミーティング時にサプライズがおきました。 突然、我らCIのスタッフミーティングに参加ですよ・・。本来、このミーティングの後にハリソンを迎えに行くはずが・・・、なんと、私たちのステイしているビジネスホテルにタクシーで来ちゃいました!!

ホテルの方も誰もハリソンが来たとは思わなかったようです。

私たちのホテルでサーブされているのは、CIとUCCでコラボした生物多様性コーヒーなんですが、さっそく、朝のいっぱいにカップ飲んでいただきました。 CIジャパンの代表は、こ、これはコンサベーションコーヒーですぅ!とアピールしてました。
ハリソンは本当に生物多様性に熱心で、会長曰く、会議中に電話かかってきて”私は準備ができている。何をすればいいんだ?”と言ったそうで、昨晩着いたばかりなのに、非常に精力的でいらっしゃいました。そして、朝からスタッフミーティングでエキスパートらのコメントや意見に耳を傾け、さらに、今から控える40社以上のインタビューに備えて、いかに国際社会に、そしてテレビを通して見るであろう一般人に訴えていくかを本当に一生懸命に取り組まれていました。




↑ 胸には25&15キャンペーンのバッジが。 キャンペーンの詳細については、http://www.conservation.or.jp  からチェックしてみてください。 たまたま、午後の打ち合わせにたまたま居合わせたのですが、何度もCIスタッフと納得がいくまで議論を重ねて自分の言葉にできるよう、精神誠意込めて努めているのに心打たれました。そこは、俳優。もう、本当に映画を見ているようでしたよ・・・。部屋を動き回りながら話すんですが、説得力があって、引き込まれるように話すので、映画のワンシーンに引き込まれるようでした。愛用のブリーフケースをお持ちなんですが、かなり使い込まれたものを大切に使われていまし…

名古屋に舞い戻り

イメージ
スタッフSです。
東京から戻ってきました。
戻ってきて気付いたのは、街が騒がしい・・・。そうか、COPもようやく盛り上がってきたか・・・。 と、思ったら、中日ドラゴンズ優勝直前の盛り上がりだったわけです。。。栄の街に設置された大きなテレビ画面に人々は注目。後ろでは、COP10用にグリーンにライトアップされたテレビ塔?名古屋タワーー?が”見捨てないでよ~”とアピールしていました。
これからCOP終了まで名古屋です。CIジャパンはCIグローバルの規模からすると、本当に小さな団体なので、○○担当・・・などと言ってられず、広報、ロジ、ウェブ、文書翻訳、アテンド・・・頭脳労働からガテン系、接客業・・・何でもやります。
なので、一つ一つの仕事が行き届かない点、多々ありすぎて、CIを応援してくださる方には申し訳ないな~と思ってマス 。 スミマセン
しかし・・・、数日名古屋にいなかっただけで、浦島太郎状態・・・。誰も教えてくれないので、先週のレポートをみながらあわててキャッチアップしているところです。



今日は日曜日。CIグローバルスタッフは、1週間のお疲れ休みに、周辺の里山か京都にでも観光に行っているようですが、ジャパンスタッフは室内にコモリングです。

私はこれからブース当番です。

電通のデザイナーさん来店。海外のコンペにも出展されるCIのポスターとともに。(過日)


みなさま、よい休日を

はじめまして☆

23、24日ブースのお手伝いをさせていただきました、外山です。普段はIUCNのボランティアをしています。 二日分の感想、まとめて書かせていただきますね☆

まず最初にビックリしたことが。。。3Dテレビがあるー!!極度の機械オンチな私が3Dテレビなんて触っていいのかしらと思いましたが、お客さんと一緒にキレイな自然や動物たちの写真を楽しんできました☆ 南米の国で、カメラが初めて入ったそうです。本当にきれいなので、ブースにお越しいただいた際にはぜひご覧になってくださいね♪

しかしCIのメインはやはり25&15のキャンペーンです。 たくさんの方々に署名していただき、本当にありがとうございます。みなさんさっそくつけてくださって、宣伝してくださいました☆ COP関係の方々(出展者やNGOの方など)はもちろん、一般の方も自然保護に関心のある方が多く、私も勉強になりました。 今回参加させていただいたことで、25&15に、少しでも貢献できていたらいいなぁと思っております。

今日は午後から雨がパラパラ・・でしたが、元気な子供達も来てくれて楽しく過ごせました♪ 二日間お世話になりました!あと一週間、さらに署名がいっぱいになること期待しています☆

P.S   IUCNのブースにも、お時間のあるときに遊びに来てくださいね☆


おことわり:ここでのコメント、意見はCIの公式見解とは異なります。

10/21 初の通訳の仕事!!

イメージ
どうも、有馬ですー 昨日は、CIが予約したホテルに泊まらせていただきました。 ありがとうございました!!


今朝はCIのミーティングにも参加することができました。 前日の会議の議論の結果の報告や今日の課題などを確認しました。 どうやら、保護地区の交渉が難航しているようです・・



陸域の25%、海域の15%を保護地域にすることを目標に掲げているCIにとって、 なかなか厳しい現状です。より厳しい目標設定が課せられることを期待しています!

ABSの議論もキリがないようです。このCOPの焦点のひとつでもあるので、 ぜひともABSのルール作りが採決されてほしいです!!
今は2時少し過ぎです。今日は3時からIUCNのほうのイベントで 通訳をすることになっているので、緊張しています・・・笑
なのに、他のCIスタッフはこんな感じで一服しています(笑)

では、今からCIのサイドイベントと、通訳に行ってきます~



陸域25%&海域15%キャンペーン  ハリソン・フォードからのメッセージ

イメージ
スタッフSです。
どうやら休刊にならずによさそうな・・・
昨日CIJのN氏から連絡

『インターンのA君はもっとこきつかってくれ・・・と言ってるからこきつかいましょう~。』

そうか、インターン生に書いてもらえばいいんだ~。現地からのレポート、ヤングならではの視点でブログを書いていただきましょう!
って、ことで今度こそ、明日はインターンへバトンタッチ・・・になるかどうか。
そうそ、今日、朝メールを空けると、うちの理事の一人、ハリソン・フォードか長~いメールですよ~。

要約するとですね、、
地球上の生物多様性はものすごーいスピードで失なわれている。 今こそ、2020年までに、陸域25%、海域15%を保全、そしてきちんと管理していこーぜ!この考えに賛同する人、集まってくれ~。すでに世界中で何万人も署名をしてくれているんだ・・・。みんなも協力してほしい。
このキャンペーンで、近く名古屋に来るから、みんなも一緒にこの活動を盛り上げてくれ! 待ってるぜ(・・・とは言ってない)
ハリソン ・・・ってことでみなさん、再度これです。



↑しっかりかばんに付いてます。
名古屋のCIブースでは、署名を集めてます!お気軽に参加くださいね。もれなく、こちらの、バッジを差し上げま。(業務連絡: まだありますか?)
名古屋ブースに来られない方は、ネットで簡単に署名していただくことができます。↓ http://www.conservation.org/conferences/cbd/Pages/cbd_1525_petition.aspx





おことわり:こちらのコメント、感想はCIの公式見解ではありません。

10/21 CIブース報告

イメージ
どうも、CIのブースの通訳ボランティア(周りの方はインターンと言っていますが・・)の有馬です!!
少し自己紹介のほうをします。愛知県内の高校に通っていて、現在2年生です。
高校生なのに、平日にCOPに行ってて大丈夫なの!?
と思っている方もいるかと思いますが、学校のほうからは公欠をもらって参加しています。
MOP5の間は、IUCNのブースでお手伝いのほうをしていました。
昨日から、CIのブースに配属になりました!!





今日は朝からあいにく曇りで、雨もパラパラと降っていました。 昨日と同様、人があまりブースに寄らないのでは・・と不安でしたが、 それなりに来客も来てくれて、まずまずでした。


午後にはブースのほうでサイドイベントも行われました。</font> 明日も午後2時から開催されるので、ぜひ来てください!!
ではでは、明日も会場からリポートします。 明日は通訳の仕事が入っているので、がんばります!!

インターンさん大活躍

イメージ
スタッフSです。
超~少な~いマンパワーのCIJがCOP10を乗り切るために、今回は数名の学生インターンさんが活躍してくださっています。ほんと、ありがたい。
新たな時代を切り開くのはやっぱり、ヤングの力が必要だなーと、つくづく思います。ヤングが頑張ってくれると、世の中捨てたもんじゃないと思えます。。。これをステップアップにしていってくれることを期待しています。
↓ お仕事中の有馬くん

ハンカチ、ハニカミ・・・に続いて 生物多様性王子で頑張ってください。
明日も楽しみにしてます。

里山イニシアティブ

イメージ
こんにちは。 すみません、書ける人がいなくて、懲りずにスタッフSです。
今、東京にいるもので、イマイチ雰囲気がつかめませんが、入ってきた情報をお知らせしまーす。
本当は、今日あたり、CIのブレーンN氏に記事を託すはずでしたが、政府主催のサイドイベント「里山イニシアティブ」CI側担当者であり、かつ、政府代表団入りして、かつ取材攻めにあっているため、無理のようです。
N氏曰く、取材で注目を浴びていることは、政府代表にNGOメンバーが入ったこと自体で、肝心の中味ではないようなことをぼやいていたような・・・
でもですね、じゃじゃーん。本日の朝日新聞 名古屋(東海?)版の夕刊の一面にデカデカと、載せていただいきました。こちらはかなり読みごたえがあります。NGOの政府代表入りという表面的なものだけでなくNGOとしてどういうポジショニングで、どんな役割を果たしていくか、しっかり書いてくださいました。




K記者さま、ありがとうございます。
↓本日、CIにとって目玉のサイドイベント『里山イニシアティブ』です。



こちら、NHKニュースでも紹介されてましたね。
最近、クマが出る。サルが出るというニュースにひっかけ、このサイドイベントが紹介されていました。
テレビの中で、野生の動物が、町まで出てくるのは、人里と山の間にあった里山がなくなっているからだと、専門家の方がおっしゃららてました。 明日こそ、ネタがないです。
明日は多分、休刊・・・。
おことわり:ブログのコメント、意見はCIの公式見解とは異なります。

COP10 開幕

イメージ
相変わらず、スタッフSです。 今日の午後から、東京オフィスに戻るため、休刊か、CIジャパンのブレーンN氏に託しておきたいと思います。 本当にやってくれるかな。

朝はキックオフミーティングです。COP10に向けたCIのポジショニングについて、確認しあいました。




ミーティングが終わるやいなや会場に直行 すでにプレナリー開始してました。まずはアフメド・ジョグラフCBD議長の開会のあいさつ
続いて、我らが日本の環境大臣に議長の座が譲られ・・・





大臣より、あいさつに加え、COP10で議論になるであるアジェンダ、意気込み、そしてみなさんへの協力の要請などが語られました。





大臣の言葉で感銘を受けたのは、
準備会合があまり好ましい結果でなかった点を真摯に受け止めている点。 それでも何とかしなきゃいけないという思い。 大切なのは意欲的であり、現実的な目標。
・・・地に足がついたコメントだと思いました。
そして、 ”未来からの預かりものである自然、地球を守る”
という言葉がずっしり来ました。

開会式は続いて、市長やら県知事の方やらいろんな方のあいさつが続き、ミーシャの歌で第一部?が終わったような感じでした。
ミーシャが清らかにうたっているころ、私はプレスリリースの発信に追われ、バタバタしながら、いったん、東京に戻りました。
CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

おことわり:ここで述べられているコメント、意見はCIの公式見解ではありません。

COP10 搬入2日目 ~サプライズは突然に・・・~ 

イメージ
こんにちは☆
スタッフSです。

今日は、搬入2日目で早朝からブースにやってきました。

着々、準備中↑↓

↑設置途中に子どもたちがやってきて、ブースに設置の椅子に興味深々。右側につみあがっている扇子上に畳まれた厚紙再生紙の束。これを開くとこんな感じで椅子になるんです。 





↑ CIジャパン白2点のメンズ、機材チェック中。 
そうなんです。上記の写真で見るように、CIは今回ソニーさんと共同出展しました。CIがソニーさんから3Dカメラの提供を受け、スタッフがが前人未踏のスリナム、ブラジルの奥地へ。そこで撮ってきた、これぞ生物多様性豊かな映像が3Dで見られます。このジャングルトリップには高価な機材を川底に落としてしまうというハプニングがあったのですが、ソニーさん曰く、 「ソニーの機材は環境負荷を与える材料は使ってませんので、大丈夫です」 「あんな奥地に行くんだからね、仕方ないですよ~。」 「ご無事で何より・・・」とのコメント。心が広すぎます・・・。 ブースの目玉の一つでもありますので、ぜひ来てみてくださいな。 注:ソニーさんとの共同プレスリリースも出てます。CIサイトでチェッキラしてみてくださいね。 そして、そして、夕方にサプライズがありましたよ~。
すでに、一通りの設置が終わり、お客さんもはけてきたので、今日はそろそろ・・・ということで、ブースのカーテンを全部閉めて、まさに帰るところでした。
と・・・、目の前のCOP10オブジェの前に人だかりを報道陣がやってきて急に慌てただしくなってきました。