投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

【COP16番外編】今回の会合での「女性力」

初めにお断りしますが、私は女性運動推進派ではありません。むしろ、職場は男女比率が均等なほうが、バランスのとれた成果が生まれると思うタイプです。一方、今回のカンクン会合における各国政府代表団含む、女性の活躍には、正直脱帽してしまいました。特に、COP議長のエスピノザ大臣の「公平なプロセス第一優先」の進め方は、果たして成功をもたらすのかどうか、最後まで心配していました。多くの先進国もやきもきしていたと思います。

一方、エスピノザ大臣は、各国から「今更こんなことを」と思うような意見の収集を、ストックテーキングの場で継続させる一方で、閣僚級会合が始まってから途中でCOP議長の座を副議長に譲り、退席していました。思い返せば、その時間を利用して、最終文書案の準備に参加していたのでしょう。そして、COPの最後の最後で、採択一歩手前でボリビアが反対を唱え、会場中が凍りついた時。「これだけの時間とプロセスをかけ、多くの国が賛同しているのだから、これ以上の遅延は議長として呑むことはできない。ボリビアの発言を記録には残すが、採択する」と言い放ち、文書を採択したのです。まさに、泣く子も黙らせる、母親力の貫禄のようなものを感じました。

昨年のCOP15以降、UNFCCCのプロセス事態への不満や限界説まで出る中、ダーバンに向けて新たな命を生み出したのです。「同じ中南米諸国だから、強引な採択に反論できなかった」と言う人もいました。でも、実はエスピノザ大臣のシナリオ通りで物事が進んだ、と思う人も多いのです。実際、CIで途上国側の政府代表団に入っているスタッフは、「最後の最後でサプライズがあるかもしれない」と言い続けていました。UNFCCCのフィゲレス事務局長の演説も、毎回圧巻の迫力でした。次世代がより大きな被害を受ける気候変動問題を協議する会合で、母親でもある女性達がこのように第一線で活躍しているのは、大変素晴らしいことです。

一方、少子化が進む中、子供を産んで普通に働くことの難しさが、メディアで報道され続ける日本の現実。気候変動とは全く別の意味で、日本の将来に、不安を感じた会議でもありました。


CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

【COP16】カンクン合意採択!

イメージ
カンクン時間午前3時半、大喝采の中、カンクン合意が採択されました。

REDD+のメカニズムのほか、適応フレームワーク、グリーン・クライメート・ファンドを含むもので、この合意は、とてもとても大きな一歩です。

最終日、非常に印象的だったのが、前に進もうとする会場の雰囲気。

採択に向けた全体会合に先立ち、非公式会合で各国が意見を述べる場があり、45カ国から意見が述べられました。4カ国を除いたほとんどの国から、「COP16議長の透明性の高い進行を高く評価」、「交渉文書は、完全なものではないが、今、前に進むことが重要であり、そのための第一歩として文書を支持」という二点がそれぞれの国の言葉(言語は国連公用語ですが)で述べられました。そして、そのたび、会場から大きな拍手が沸き起こりました。議長が、何度も胸に手をあて、温かい、素敵な笑顔を浮かべていたのが印象的でした。


(大混雑の本会場ではなく、隣の建物にある別会場から見ていました)

夜遅くだったこともあり、前の人と同じ内容ならば省略するのはどうだろうか、と一瞬思ってしまったことも告白します。でも、終わってみれば、このプロセスを通じた気運の高まりがカンクン合意の採択につながったように感じられます。日付がかわってから始まった公式全体会合では、唯一ボリビアが反対色を示しましたが、合意に向けて前に進もうとする強力な流れの中で、最終的には採択に至りました。

一方で、流れに押し流された形のボリビアについて、考えさせられます。REDD+に関して、ボリビアが反対しているのは炭素マーケットにつきるのですが、REDDの取組み自体は、実はかなり進んでいます。CIのボリビア事務所からの参加者から、ボリビアがなぜ反対するのか、ボリビアの「言葉」(説明してくれた言語は英語ですが)で説明してもらいました。内容はまた別の機会にしますが、交渉との関係では、いわゆる西洋的な議論の組み立て方と、ボリビアが有する豊かな先住民の文化・考え方・「言葉」の違いが議論を妨げているのであって、双方がその点で歩み寄れば、お互いが納得する合意に至れるのではないかと思いました。これは、ボリビアに限った話ではなく、たいへん根の深い問題であり、国際社会は、まだまだ努力しなければならないと思います。そして、時間のかかるプロセスです。色々な国の人に会った印象として、日本人は異質なものに対して…

【COP16】最終日

最終日になりました。

現地時間17時、LCAの最終交渉文書がでました。数時間かけて各国が内容を検討し、今夜、全体会合で採択されるか否か決まります。

今回、CIがもっとも力をいれているREDD+については、このLCAの交渉文書の中で、対象となる活動、途上国と先進国が取組むべき内容、セーフガード、資金など、REDD+をUNFCCCの枠組みの中で進めていく上で重要な項目が示されています。

COP16前、そしてCOP16期間中も、交渉の結果を受けて何度も改定されてきたLCA交渉文書。改定のたび、私たちはその内容を検討し、 UNFCCCの決定が、REDD+が森と生きる先住民や原生生態系への負の影響を確実に食い止め(セーフガード)、そして森林減少・劣化の防止を最大化するものとなるよう、様々なチャンネルを通じて働きかけてきました。

17時にでた最終交渉文書は、REDD+を前に進める、私たちとしても満足できる内容です。
カンクンに集まっている各国リーダーの皆さん、皆さんの肩に今後失われるかもしれない森林、そこ
にすむ動物、そして私たちの未来がかかっています。



CIジャパンの公式ホームページはこちらwww.conservation.or.jp/

【COP16】松本環境大臣のスピーチ

閣僚級会合での、松本環境大臣のスピーチが終わりました。内容は、会合 2日目に発言した日本のスタンスと同様ですが、日本のスタンスの理由をより細かく丁寧に説明したものです。

内容をまとめます:日本政府が2050年までに 1990年比50%の削減を昨年表明し、現在法案が国会で採択されるよう、大臣として最大限の努力を払っている。今後は各国が削減のための努力を実施する新たな法的枠組みが重要であり、日本にはそのための準備もある。また、京都議定書は参加国が限られており、全世界の排出量の27%しか削減できない枠組みであり、今後は議定書に参加していない国々も参加し、地球全体で80%の削減を目指すような法的枠組みが必要であるこため、日本は京都議定書の第2時約束期間には合意できないこと。一方、京都議定書は2013年以降も継続するものであり、日本としてもその役割を理解している。

日本は昨年のコペンハーゲンにおいて、2012年までの短期支援額として150億ドルの拠出を発表しており、既に52カ国、367のプロジェクトに対し、72億ドルの支援を実施している。また、REDD+パートナーシップの共同議長を務めるなど、新たな枠組みへの貢献をしている、などです。

大臣のスピーチの後、大変珍しい反応がありました。他の国よりほんの少し多い拍手と、ブーイングが両方同時に起こったのです。ブーイングは、どうもウェブキャストでは聞き取れなかったようですが、会場では聞こえました。

ボリビア大統領の熱弁の後の大声援は毎年恒例のことですが、日本が閣僚級会合でこのような反応を得たのは、珍しいことです。この反応は、今後の交渉において、日本が世界でどのような立場におかれているかを、大変正直に反映したものと考えます。



CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

【COP16】閣僚級会合開始

12月8日の午前未明に、AWG-LCA、AWG-KPの新しい交渉文書が出され、午前8時にはドキュメントセンターで手に入れました。本日午後より、閣僚級会合が始まります。各国とも、新交渉文書の分析に必死です。

そのような中、本日の午前中にも’Stock Taking’と呼ばれる、各国からの意見の収集のための公開セッションが行われているという状況です。この公平なプロセスが、COP16を振り返り、花を咲かせることになること祈りますが、交渉のスピードの遅さに、多くの不安の声も聞かれます。


CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

【COP16】公平だが進まない協議

12月8日(水)に始まる閣僚級会合まで、残すところあと2日。今回のCOP議長を務めるメキシコのエスピノザ大臣は、昨年のCOP15が「密室会談」であったと、一部の途上国側が強くクレームした経緯に最大限の配慮を示し、先週の時点で「透明性を何よりも優先する」と強く訴え、途上国を中心とした多くの国々から拍手喝采を浴びていました。

先週より、ほとんどの交渉がクローズド・セッションとなったため、それぞれの交渉の状況は分かりませんが、多くの国々の意見を公平に聞いてからドラフト作業を開始するというのは、大変時間を要することでもあります。事実、多くのセッションにおいて、交渉の遅れが目立っているようです。

6日(月),7日(火)に大きな進展はなく、AWG-LCA、AWG-KPともに、新しい交渉文書が出ることはありませんでした。今回の交渉の焦点は、この2つの交渉間における「バランス」。水曜日に始まる閣僚級会合までに、提案されるはずの交渉文書を参加者が心待ちにしています。


CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

【COP16】12月5日(日)Forest Day 4 開催!

毎年COP開催中の半ばの日曜に開催される’Forest Day’、今年は4回目を迎えました。今年のテーマはREDD+一色。パチャウリIPCC議長、スターン卿などのおなじみの豪華メンバーに加え、今年は開会式にメキシコのカルデロン大統領が登場、森林保全の重要性を延々と40分間にわたり力説しました。CIメキシコでも、原生林が豊かに残されながら、森林破壊が深刻なチアパス州における低炭素型開発案へのインプットやREDD+イニシアチブ、木陰栽培農法によるコーヒー生産に取り組む小規模農家支援など、様々な活動を行ってきました。もちろん、CIはForest Dayにブースを出し、パネリストとしても数名が参加しています。


Forest Dayでおもしろいのは、各プレゼンターからの講演の後、テーマに沿った設問をスクリーン上に投影し、会場の参加者が配布されたコントローラーを使い、アンケート調査をリアルタイムで実施するところです。いくつか興味深いアンケート結果が出ました。「REDD+を実施する際、生物多様性などへのコベネフィッツが重要であるか?」との設問には、65%以上が「大変重要」と回答。その他、理想的な資金メカニズムなど、まさにUNFCCCの交渉上においてオプションとして分かれている点もアンケートの対象になっており、これは交渉課程をそのまま反映し、意見が割れていました。また、REDD+の課題点としては、「土地利用権の確保と利益の公平な分配」であるとの回答がトップでした。私もこの項目を選びました。CIのREDD+では、住民とのコンサルテーションによりボトムアップ型に形成するものが多いですが、そのような試みも、中央政府や地方政府と政策上のパイプをつなぐことが重要です。

多くの途上国で、現地のスタッフがこの課題に取り組んでいますが、地域によって問題は全く異なります。REDD+は、グローバルな枠組みが必要ですが、地域の慣習や意見を尊重し実施することが、大変重要です。


CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

【COP16】非公開会合継続

イメージ
3日目、4日目も交渉に関わるほとんどの会合は非公開。



COP15は、「寒空の下での長蛇の列」が参加された皆さんの記憶に強く残っているようでありますが、COP16は、「ホテルからの通勤、会場間の移動が不便だった」というのが共通の思い出として残るのではないでしょうか(会議内容以外で)。CIメンバーが宿泊しているホテルは、多くの参加者が泊まるホテルエリアにありますが、COP16オフィシャルバス(30分に1本)で会場まで片道1時間かかります。そして、交渉関係の会合が行われる会場とサイドイベントとブースがある会場間がバスで約20分。ちなみに、この会場間バスには、バイオディーゼルを使ったエコバスが、全てではないのですが、一応使われています。





さてブース。名古屋で開催されたCBDのCOP10では、ブースの準備にかなりの力を注ぎましたが、COP16のブースは、至ってシンプル。会場は、巨大な体育館に間口2mほどの出店が軒を連ねているような感じです。CIブースでは、各国での活動を紹介したシートや、気候変動と森林の役割について地元コミュニティにわかりやすく説明するマニュアル等々を紹介しています。このマニュアルは、絵を多く使い、とてもわかりやすく仕上がっています。

わたしがブースにいた間にも、アフリカ諸国を中心に、政府でREDD+を担当している方も何人も訪れ、CIが提供するトレーニングに関心を寄せて下さいました。また、10mほど離れてブースを構える団体の方が改良型調理用ストーブについて色々教えてくれたり。煮炊き用の薪の採集は、森林を減らす大きな要因の1つですので、こういった情報交換も興味を同じくする人たちの集まりならではの大きな魅力のひとつです。ちなみに、効率の良い炭としては、日本で開発された製法が紹介されていました。炭焼きも日本の誇るすばらしい技術ですね。





さて、明日(土曜日)には、いくつかのトピックについて、これまでの交渉の結果を踏えた動きが発表される予定です。

※こちらのコメントはCIの公式見解とは異なります。



CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/

【COP16】化石賞受賞

初日の全体会合の結果、ほとんどは非公開の会合になってしまいました。生の議論が聞けないのはとても残念です。

もうひとつ残念なのは、日本が化石賞を受賞してしまったこと。2012年に京都議定書の第二約束期間をどうするか、今COPの大きな議論のひとつです。そのような中、会議初日の日本の「京都議定書の期間延長は認めない」との発言は、まさに会場を凍らせてしまいました。主要排出国以外の国々でせっせと努力するとう体制が続くというのは、日本にとっても、地球にとっても、避けるべき道であり、受け入れられない、とはいえ、「交渉を止めた」との批判的な声がそこここから聞こえてきます。

一方で、バスで隣り合わせたイギリスのNGOから参加している女性は、「よくぞ言ってくれたわ。ヨーロッパも同じ状況で、日本の発言はしごくまっとう。アメリカと中国なしの枠組みなんて無意味よ。実質的な解決に向けて、背中を押してくれたわ」と話してくれました。

化石賞はありがたくいただくこととして、COP16そしてCOP16後の議論が進むことを切に願っています。


CIジャパンの公式ホームページはこちら
www.conservation.or.jp/