投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

KBA寄稿レポート:日光を訪れて③

イメージ
⇒KBA寄稿レポート:日光を訪れて①
http://ci-japan.blogspot.com/2013/07/KBAnikko1.html

⇒KBA寄稿レポート:日光を訪れて②
http://ci-japan.blogspot.com/2013/07/KBAnikko2.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 今回の記事は、「普通の大学生がKBA(生物多様性重要地域:Key Biodiversity Area)を訪問して自然との関わりを考える」というコンセプトで、寄稿していただきました。 文・写真=福田祥宏:東京外国語大学4年、編集=横山翔:慶應義塾大学4年。
当ブログは「専門家による情報発信」を特徴としていますが、多くの人々にCIの活動をより一層ご理解いただくため、実験的な試みとして掲載することになりました。いつもとはひと味違うCIブログをお楽しみ下さい。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■自然の中での人との交流


都市での生活に「無言」はつきものだ。電車や街角、スーパーやエレベーターなど、私たちは知り合いでもなければ目を合わせることも無いし、挨拶を交わすこともほとんどない。
しかし、一歩自然に踏み込むと、当たり前にように挨拶が交わされる。すれ違いざまの「こんにちは」。これだけでもずいぶんと気持ちがいい。さっきのように「春ゼミだよ」なんて親切に教えてくれる人もいる。美しい景観だけではなく、自然がもたらす人々との交流も、私たちを魅了する。
歩いていると突然老夫婦に「こっち!こっち!」と声を掛けられた。
促されるままに双眼鏡を覗く。


「わかる?あの木の向こう側にカッコウがとまっているでしょう?」
たまたま構えた双眼鏡の向こうにカッコウを見つけたらしい。そうか、もっとみんな、言葉を発し…

KBA寄稿レポート:日光を訪れて②

イメージ
⇒KBA寄稿レポート:日光を訪れて①
http://ci-japan.blogspot.com/2013/07/KBAnikko1.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 今回の記事は、「普通の大学生がKBA(生物多様性重要地域:Key Biodiversity Area)を訪問して自然との関わりを考える」というコンセプトで、寄稿していただきました。 文・写真=福田祥宏:東京外国語大学4年、編集=横山翔:慶應義塾大学4年。
当ブログは「専門家による情報発信」を特徴としていますが、多くの人々にCIの活動をより一層ご理解いただくため、実験的な試みとして掲載することになりました。いつもとはひと味違うCIブログをお楽しみ下さい。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■自然とは何かと考える(いろは坂・中禅寺湖)

日光市街地と奥日光を結ぶ、「いろは坂」という急カーブが続く山道がある。上り方向には20のカーブが、下り方向には28のカーブがあり、それぞれのカーブに「いろはにほへと・・・」の歌順でひらがながあてられている。眺めの良いビューポイントでもあり、猿が観光客を襲うスポットでもある。


そのいろは坂を越えると、眼前に青々と広がるのが中禅寺湖。中禅寺湖は、2万年前に男体山の噴火によって出来たとされる湖だ。人工湖を除けば、日本で最も標高の高い場所にある。

今回ご縁あって、「せからん」(世界遺産をランしよう!)というイベントに参加して湖畔を走った。市民ランナーによる社会人サークルが、日光ユネスコ協会の協力を得て実現した企画だそうだ。

3つの「らん」(走るRUN;らん)(学ぶLEARN:らーん)(観覧:かんらん)を通して、世界遺産や周辺地域を知ろう、世界遺産と関わろうという趣旨で行われている。

中禅寺湖…

KBA寄稿レポート:日光を訪れて①

イメージ
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 今回の記事は、「普通の大学生がKBA(生物多様性重要地域:Key Biodiversity Area)を訪問して自然との関わりを考える」というコンセプトで、寄稿していただきました。 文・写真=福田祥宏:東京外国語大学4年、編集=横山翔:慶應義塾大学4年。
当ブログは「専門家による情報発信」を特徴としていますが、多くの人々にCIの活動をより一層ご理解いただくため、実験的な試みとして掲載することになりました。いつもとはひと味違うCIブログをお楽しみ下さい。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


■自然と文化が調和する日光

梅雨を感じさせるどっしりとした雲の間で見え隠れする日差しが差し込む、6月初旬の栃木県・日光。たった2日間ではあるが、初めての日光滞在で見出した2つの魅力。
1つは「文化」。東照宮、二荒山神社、山輪王寺から成り立つ世界文化遺産、「日光の社寺」を誇る、日光市街地。そこでは、先人たちが残し、今なお色あせない人々の営み、文化を楽しむことができる。

そしてもう1つは「自然」。中禅寺湖や竜頭の滝、男体山や戦場ヶ原などの自然が残る、奥日光。豊かな自然の中で人々と出会い、交互に繰り返される喧騒と静寂に耳を澄ます。

全身で文化と自然の呼吸を感じられる場所。それが日光だ。



--- ■【文化】山岳信仰が支える日光の社寺


現在日本に16件ある世界遺産のうち、「日光の社寺」は8番目の世界文化遺産として1999年に登録された。とりわけ東照宮の名前をよく聞くが、実は二荒山(ふたらさん)神社と輪王寺(りんのうじ)をあわせた3つの社寺が、「日光の社寺」として世界遺産に登録されている。

二荒山神社と輪王寺は8世紀末に仏僧・勝道によって開かれた。仏教の修行には山籠りが必要とされる。そこで、山岳信仰と仏…