投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

Society for Conservation GIS 研修奨学生制度のご紹介

イメージ
こんにちは、インターンのKです。現在募集を行っているSociety for Conservation GISの研修奨学生制度について、昨年度の研修の様子をご紹介します。

■Society for Conservation GISとは?

The Society for Conservation GIS (SCGIS)は、自然保全に携わっている人々を対象として、世界中で地理情報システムの研修を行ったり、奨学金制度、ネットワーキングなどを行っている非営利団体です。日本では、「コンサベーションGISコンソーシアム」という組織がSCGISの日本支部を担っており、コンサベーションインターナショナル、ESRIジャパン株式会社、酪農学園大学、NPO法人EnVision環境保全事務所の4組織が中心となって、勉強会やシンポジウムへの参加を行っています。今回は、このSCGISが運営しているGISの研修奨学生制度についてご紹介します。

■研修の概要

本研修は、毎年6月中旬から7月下旬にかけて約6週間の日程で行われます。昨年は米国カリフォルニア州にあるUC Davisで研修が行われました。カメルーンやコンゴ、インドネシア、フィリピン、ロシアなどの様々な国から集められた研修生たちは、3週間にわたって、「ArcGIS」というGIS用ソフトウェアの使い方に関する講義・屋外でのGPS研修などを受けることができます。また、滞在中の生活費や交通費なども奨学金に含まれています。

左: 講義の様子 / 右: 講義で使われたテキスト
講義では、配布されたテキストを元にArcGISの使用方法を教わり、保護区の地図やオンライン上での地図アプリケーションを作成しました。私は本研修に参加するまでArcGISを使用したことがありませんでしたが、丁寧な講義のおかげで、最終的には下のように、Key Biodiversity Area(KBA)に関するオンラインのアプリケーションを作成することができました!


3週間の研修を終えた後は、モントレーで開催される「SCGIS Annual Conference」、およびサンディエゴで開催される「the 34th Esri International User Conference」において、普段自国で携わっている環境・GISに関するプロジェクトについて発表を行います。

研修を受けるだ…

現役大学生が聞く”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」とは” 第1回目 日比 保史 vol.4

イメージ
第3弾では、CIジャパンに入った経緯と魅力についてでした。さて、最終第4弾は今後のCIジャパンの展望を話していただきました.......。
今後のCIジャパンの活動と日本の課題
木勢 もうCIジャパンで働き始めて10年が経ちました。CIの活動を通して、日本は環境に対する意識や行動がどのように変わってきましたか!?
日比 たしかに環境問題は認識されるようにはなったけど、日本を見ていて一番歯がゆいのは、日本人は日本しか見ていない。日本のことしか考えてないところかな。
木勢 日本しか見ていない!?具体例を教えてください。
日比 例えば、何年か前にとある企業が植物原料由来の商品を開発して、環境にいい商品ですって言って売り出したわけ。植物原料やから、使用中、使用後の環境負荷は、確かに少ない。でも、その原料はパームオイルを使ってるんやね。パームオイルを巡る問題、熱帯雨林を伐採して作っているとか、そこで劣悪な労働条件で人々が働いているとか、土地の利用権とか半ば強制的に奪われてしまっている人たちがいるとか。そういうことが認識されないまま、環境によい商品として売り出してしまう。当の売り手側も悪気があるわけじゃなくて、本気でそう思っているし、買い手もいいと思っている。環境問題の一番の現場というか問題は、海外にあって、それに日本も手を貸しているってことになかなか関心が向かない。

木勢 商品がつくられている現場ではまた別の問題が起こっているのに先進国の生産者となる企業側が十分理解していないのですね。

日比 そういうこと。まるで、自分ちの子どもが、お隣の家に遊びに行ってふすまをやぶいたのに、自分の家のふすまを直すことにしか関心がないようなものでしょ。それ、ちょっとちゃうんちゃうのってことやね。
木勢 確かに(笑)何か筋が違いますね。
日比 日本人は国の外に思いを巡らすことが苦手なんかもしれんね。飢餓に苦しんでいる子どもたち、絶滅危惧種の動物が殺戮されています、かわいそうと思うのに。それと自分達との関係を考えようとしない所は今も昔も変わってない。ちょっとイラつくわあ(笑)。だからCIジャパンの役割は環境問題を通して日本を外へ開いていくことなのじゃないかなと思っているのだけど。それをしないとこれからの日本は、どんどんダメになっていく一方やと思うよ。世界に目を開いて、意識を開いていかないとあかんと思う。
木勢 確か…

現役大学生が聞く”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働くとは」” 第1回目 日比 保史 vol.3

第2弾では、日比さんの20代の働き方に注目しました。続いて、CIジャパンならではの魅力と働き始めたきっかけとは......。

CIジャパンに移った経緯
木勢CIジャパンに勤務し始めたのは確か2003年からでしたよね。なぜ働く場所を変えていったのでしょうか。
日比 ひとつには、実は、ぼくがUNDPに行っている間に野村総研が上場したことがあってね。株式会社としては上場したら利益をより追求しないといけないし、昔みたいに自由な会社でなくなってきたように思えて(笑)
木勢 だんだん窮屈な環境になっていったということですか?
日比 自分にとってはね。それと、今もかもしれないけど、当時は環境の仕事って利益率は悪くて、環境の仕事だけじゃ個人の業績としては不十分でね。環境と関係ない民間企業の仕事とかやって何とか収益を確保してたんやけど、それでは思ったように環境の仕事ができなくなるなぁと。
木勢 自分のやりたかった環境の仕事がしづらくなってきたのですか。
日比 「結局は利益かいな」っていう反発もあったし、会社の目指すところと自分のやりたいことが明らかにずれてきてたんやね。これは先々折り合いが付けられないとつらくなるななぁと思い始めて、それでいろいろ転職活動を裏で始めて。
木勢 転職活動ではどのような経緯をたどりましたか?
日比 環境ど真ん中の仕事ってないんかなぁと思って、環境に特化したコンサルティング会社やUNDPに戻るのもありかなとかいろいろ考えたんやけど、たまたまCIジャパンのカントリーディレクターのポストが日経の週末の求人広告に出てたわけ。
木勢CIはもともと知っていたのですか?
日比 留学していたときから、環境債務スワップをやったり、民間との連携をやったりとおもしろいことをやっているNGOやということは知ってたね。あと、留学中の夏休みにワシントンDCで別のNGOでインターンを経験してたから、アメリカのNGOっていうのはイメージがあったし、自分と合うんじゃないかなと思って。幸い、CIからオファーがもらえて、それできりよく3月末で野村総研辞めて、2003年の4月からCIで働き始めてん。
木勢CIで働き始めてから早10年が経ちました。民間企業、国際機関と働いてきた中で、ここまで継続的に勤務できたのも、CIならではの良さがあったのではないでしょうか。
日比 CIの特徴だと思うんやけど、現実的に問題解決しようと…

現役大学生が聞く”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働くとは」” 第1回目 日比 保史 vol.2

イメージ
Vol.1では日比さんの若き頃にクローズアップしました。さて、現場でどんな経験をしたのでしょうか


次なる現場での驚きの経験。
木勢 野村総研をお勤めになった後、UNDPへ転職なさりましたね。何が転職のきっかけになったのでしょうか。
日比もともと5年くらいで次の仕事を考えようと思ってたから、5年経ったころに、国連のJPO(Junior Professional Officer。国連若手職員の登竜門的な制度)っていう制度に応募したら、たまたま受かってね。会社は辞めようと思ったんだけど休職扱いにしてくれて、それで1999年から2年間、ニューヨークの国連開発計画(UNDP)本部で働いた。
木勢UNDPでは何をしていましたか?
日比 アジア太平洋局の環境担当というポスト。環境担当と言っても専門性が磨かれるというより、プロジェクト管理でメインで、予算執行状況どうなっているとかを現地とやり取りするのがメインで、仕事そのものはあまりおもしろくなかったかなあ。
木勢 野村総研時代と同じく多忙な日々でしたか!?
日比 それがUNDPは遅くとも18時にはみんないなくなるわけ。でも、僕は働き始めた当初は仕事もわかんないし、野村総研時代の働き方が抜けてないから、一人残ってイーストリバーを見下ろす個室オフィス(←ぼくみたいな下っ端でも個室オフィスが国連のスタンダード)で気分よく仕事してんやけど、誰かが忘れ物をしたとかでかえってとりにきてね、夜20時くらいに。
木勢 日比さんをみてその人は何か言ったのですか?
日比 その人から「仕事は業務時間中にやるものだ。みんなが仕事してない間に働くなんて、抜け駆けしているように思われるぞ」ってすごく怒られた。ひたすら仕事をすればいいものじゃないっていう考えがとても新鮮やったね。それと、国連では仕事は常に競争っていうのも、感じたね。
木勢 日本の職場ではあまり考えられないことかもしれませんね(笑)ほかに印象的な出来事はありましたか?
日比 あとは、物事がとにかく前に進まない。例えばFAXを送るにしても、アシスタントがなかなか送ってくれないこともあるし、政府相手に出すのであれば、いろんな人のチェックが必要になってくるわけ。いろんな上司のサインをもらって初めて外に出せるみたいな。FAX出すのに下手すると、1週間とかかかるわけ。
木勢FAXを出すのだけで1週間も!!もっと効率的にできそう…