投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

ロマスさんを迎えて、環境債務スワップのミニ勉強会

イメージ
こんにちは。広報担当のKです。先日、内部でミニ勉強会が開催されました。今日はそのレポートをしたいと思います。

6月初旬のある日、アメリカ・ワシントンDCのCI本部より、ロマス・ガルバリアウスカスさんが、東京のCIジャパンオフィスにやってきました。

ロマスさんは、CI本部のエコシステム・ファイナンス部門 (EFD) 法務チームに所属するシニア・リーガル・アドバイザーです。以前はアメリカ大手弁護士事務所でシニア・アソシエートを務め、国際環境プロジェクトの信託基金やリースなどの専門家として活躍、また国際金融公社 (IFC) やアフリカ開発銀行への出向も経験しています。

今回は、CIとインドネシア政府が進める「環境債務スワップ ("debt-for-nature" swaps)」に関する交渉のためにジャカルタを訪問後、来日しました。移動の合間を縫ってCIジャパンオフィスに来てくれたところを捉えて、環境債務スワップについてのミニ勉強会をお願いしました。

世界中で様々な環境保全事業を展開するCIにとって、科学者の存在はとても重要ですが、他にも政策、広報、法律などの分野に通じた人材も必要です。とりわけ法務担当者は専門性も高く、CIジャパンのスタッフは日頃接する機会も少ないので、いったいどのような仕事をしているのか、大変興味深いところでもあります。

まずは、そもそも「環境債務スワップ」っていったいなに!?という方のために・・・。

環境債務スワップとは? 環境債務スワップとは、途上国の累積国家債務に対し、途上国政府は返済する借金を自国の環境保全に回す (投資する) ことに同意し、その"代わり" (スワップ/swap) として、決められた分の累積債務の一部あるいは全額が減額される仕組みです。

経済基盤が脆弱な債務国政府(途上国政府)に支払い能力がない場合などで、この手法を使えば、元々貸し付けた先進国政府や商業銀行はリスクを低減することが出来る一方で、途上国は債務返済負担が軽減され、さらに自然環境の保全のために一定規模の新たな資金を長期間に渡って投入することが出来る、大変革新的な環境ファイナンスのアプローチです。社会的インパクトも大きく、債務国である途上国政府とその国の環境保全の両方にメリットがあります。

この仕組みは、元々、CIが仲介してアメリ…