投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

現役大学生が聞く”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」とは” 第2回目 名取 洋司 vol.1

イメージ
名取さんの仕事のなかみ


木勢:こんにちは。それでは早速自己紹介からお願いします!
名取:こんにちは。私はCI Japanで生態系政策マネージャーとして活動しています。分野としては生物多様性・自然資本に関すること全般を担当しています。生物多様性に関する条約の会議や世界公園会議といった保護地域に関する国際会議などが関係しますね。
木勢:「生物多様性」、「自然資本」をもう少しわかりやすく説明してもらえますか?
名取:生物多様性は一般的に、生態系と種と遺伝子の多様性のことを指します。人間の視点からいうと、人間が自然から受けている恩恵を、「自然の恵み」といったり「生態系サービス」といったりしますが、それを生み出すものが生物多様性といってもいいかな。直接恩恵のないものもつくりだしているので、自然をうまく機能させているもの、機能させているメカニズムともいえるでしょう。一方、自然資本は生物多様性よりも広い感じでしょうか。「資本」とついているように、自然環境・自然資源を社会に役立つ資本・元手として捉える見方です。資本なので、うまく使えばいろいろなものを得ることができますが、使い方が悪いとリターンがどんどん減ってします。逆にうまく使えば、自分たちの生活を支えられているし、発展していくための元手となります。人間の生活は、自然からの恵みなしに成り立たないものなので、大事に使うかどうかは、「好み」の問題ではなく、必須なことなのです。例えば、財布の中身や銀行の貯金を使い尽くしたら、次の日の生活に困ることは誰でも分かると思いますが、自然資本も同じです。ただし、自然資本を使い尽くしたら、貯金を使い作るよりも大変だろうな。
木勢:なるほど。明快な解説ですっきりです!続いて、具体的にお
仕事で何をなさっているのか、記憶に残る出来事はありますか?

名取:直近の活動でいうと、フィリピンのキリノ州での森林再生プロジェクトですね。ものすごくたくさんの課題を克服する必要があったプロジェクトだったのですが、CCBスタンダードの認証をとれたことは大きな成果だと考えています。CCB

生物多様性条約COP12終了:資源動員編

イメージ

生物多様性条約COP12、いよいよ最終段階!

イメージ
生態系政策マネージャーのNです。

生物多様性条約の第12回締約国会議。韓国ピョンチャンの夜には地面が凍る寒さのなか、特大テントの中で交渉が続けられています。
前にも書きましたが、今回の会議で最大の課題とCIが考えているのが、資源動員です。愛知目標の達成には年間1500億ドルから4400億ドルが必要と推計されていますが、その「投資」により、年間4兆4000億ドルから5兆2000億ドル相当の生態系サービスが守られると、「資源動員に関するハイレベルパネル」が推計しています。この数字を見れば投資しない理由は無いのですが、誰が(どの国が)、どうやって資金を用意するか、ということが問題になっています。

前回2012年のインド・ハイデラバードの会議では、途上国へ向けられる生物多様性に関する国際資金を2015年までに倍にすることが決められましたが、今回は、それを2017年までにさらに倍にする提案まであり、もめています。

しかし、国際資金は生物多様性に必要な資金のほんの一部でしかなく、全ての国の国内資金が大部分を担う、担わなければならないのです。そのため、それぞれの国の中で、生物多様性を主流化し、優先度を高め、様々な政策を生物多様性保全の推進のために調和させることが不可欠であると、我々は主張しています。


途上国の中には、先進国の責任を途上国に押し付けているのはけしからん、という意見もあり、NGOの中にもそのような声が聴かれます。しかし、考えてみてください。それぞれの国の財産に他ならない、生物多様性、自然環境、自然資本を守ることは、その国の最大関心事であるはずです。そのための準備をしたうえで、国際資金をてことして取り組みを進めていく、というのがあるべき姿ですね。

忘れてはいけないのは、こうしているうちにも、生物多様性が失われ損失が出つづけていることと、将来の対策に必要なコストがどんどん高まっていることです。

今日が交渉最終日。どのような結果になるのか。明日未明には明らかになります。

生物多様性条約COP12開会を前に

生態系政策マネージャーのNです。生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)が韓国のピョンチャンで月曜日から開催されます。私は、COP開催に先立って開催されるSATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)の会合に参加するために、昨日、現地入りしました。ソウルからバスで3時間のはずなんですが、ひどい渋滞で7時間かかりました。

IPSIの総会では、設立時に作られた組織のOperational Frameworkが改定されます。設立から4年たって、いろんな状況が変化してきたので、それにより柔軟かつ効果的に対応できるようにするためです。会員団体数も、設立時の51団体から160団体を超えるまでになっています。このネットワークのポテンシャルをどうやって生物多様性保全と持続可能な利用のための具体的な力に変えていくか、引き続き大事な課題です。CIジャパンが準備を進めている、地球環境ファシリティー(GEF)の資金を使ったプロジェクトでそれが少しでも進められたらと考えています。

月曜日から開催されるCOP12のCIとしての最大の関心事は、なんと言っても資源動員です。いろいろな決議がなされても、その実施を進めるための人、技術、資金などの資源(リソース)がなければ、実施は進みません。しかし、リソースが不十分だからといって、実施を進めないのは本末転倒です。気候変動の議論のように、先進国が悪者、途上国が被害者、といった構図が生物多様性ではきれいに当てはまりません(気候変動でもぴったりとはまるわけでも、建設的な構図でもないと思っていますが。。。)。先進国からのリソースの提供は、当然必要ですが、それは、国内のリソースを用意した上で補完的であったり、国内リソースを動かすための触媒的な位置づけであるべきだと考えます。前回2012年のハイデラバードのCOP11で展開された、地球の未来を人質にして、先進国からのコミットメントがなければ条約の実施はしない、というような無意味な議論は、COP12の場では繰り広げてほしくないですね。リソースを動かすことが目的ではなく、あくまで目的は条約の実施ですから、実施のために何をどうしていくかについて、議論が深まることを望んでいます。

この件についてのCIのポジションは、CIジャパンのウェブサイトでご覧になれます。