投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

地球規模で生物多様性保全を強力に推進するCEPFパトリシア・ズリタ事務局長来日インタビュー Vol.2

・・・前号から続く


-日本国政府との交渉のお話が出ましたので、ここで日本政府や日本の貢献について教えてください。
2001年に日本がCEPFに参加して以来、どのような関係でしたか?

パ:「日本国政府がCEPFへの参画を決定した背景には、おそらく世界銀行のお陰もあったと思います。当時は玉木さん (*玉木林太郎OECD事務次長) が、日本政府の世銀常任理事をされていて、財務省に戻られた頃でした。
私の印象では、玉木さんが説得してくださったお陰で、それまで前例のないCEPFへの資金援助が可能になったのだと思います。そして、2007年にフランス政府開発庁の参画にあたり、CEPFドナー協議会で唯一の国家政府ドナーである日本の存在が大きく貢献したことは間違いありません。玉木さんと当時のフランス政府開発庁トップだったサブリナさんと私とで、何度も協議を重ね、また日本とフランス両政府間でも何度もやり取りがあり、ようやくフランス政府はCEPF参画への意義を確信してくれたのです。

着任前の事情は、具体的にはよく分かりませんが、2007年に日本の第1次支援が終了し、前任のCEPF事務局長がその後の対策をどうするか、保留のまま、2010年に私が着任し、CEPF事務局長として最初の仕事が、日本政府との交渉でした。

実は着任当初、私は妊娠4ヶ月で、なんと双子であることが判明したばかりでした (笑)。でも、そんなことは言っていられません。どうしたら日本政府は追加支援に応じてくれるだろうと、考え続けました。そして着任翌月の2010年3月に来日し、玉木さんと協議したのですが、この時の玉木さんは素晴らしかった。なんと翌4月の世銀の春の会議の席で、日本政府はCEPFへの追加支援を決定したと公式発表してくれたのです!あの時はどれだけ安堵したことか・・・
私たちは日本のコミットメントを得たことで、今後の事業運営に安心して取り掛かれたのです。」


-日本政府との関係はどうですか?
パ:「そうですね、日本国政府に関してのチャレンジとしては、伝統的な政権交代と関係省庁の担当者が2年ごとに交代することです。そうした事情もあって、私はできるだけこまめに足を運んで、関係者と直接お会いして、関係構築を心がけてきました。CEPF事務局長に就任してから、私は毎年来日しています。CEPFにとって日本国政府はかけがえのないパートナーであり、重要なド…