投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

危機にさらされるKBA ~アユモドキ生息地の例~

生態系政策マネージャーのYです。

日本列島が、世界的にみても生物多様性が特に豊かだけど危機にも瀕している地域として「生物多様性ホットスポット」に選ばれていること、皆さんはご存知ですか。この生物多様性への危機は、歴史と共に姿を変えながら、今だに続いています。

今、特に心配なのが、Satoyama的な環境(「里山」と書くと特定の環境を連想されてしまいますが、人の生活と生物多様性が共存している空間を一般に指す意味で、あえてローマ字で)です。人口減少、過疎、都市と地方の格差の拡大が進む中で、そのような環境が別のものに置き換わってしまう脅威が増大していると思います。長年続いてきた人間の活動が安定した環境を作ってきた場合、生物多様性を維持していくために、地域の活性化が必要なことがあります。しかし、地域活性化のために大規模な開発行為が選択肢とされると、自然とのバランスが崩れてしまいます。

その一例を紹介します。

京都府亀岡市には、世界で数箇所しか残されていない絶滅危惧種アユモドキが生息する地域があります。国際的に生物多様性保全の鍵となる地域(Key Biodiversity Area: KBA)の条件を満たし、国際的にも重要な地域です。この地にサッカースタジアム(京都スタジアム(仮称))の建設が検討されています。当然、KBAといえる生息地を脅かすことが心配されています。

この度、CIジャパンは、京都府知事、亀岡市長、京都府公共事業に係る第三者委員会の委員の方々に対し、十分な科学的検討がなされ、アユモドキの自然下での存続が確保されることを期待する趣旨の意見書を提出いたしました。

この件は海外でも重要な課題と認識されています。国際自然保護連合(IUCN:本部スイス・グラン)の世界保護地域委員会および生物多様性観測ネットワーク(GEO BON)において淡水生態系について中心的な役割を担っているイアン・ハリソン博士も、CIジャパンを通じて、関連行政機関に意見書(原文和訳)を出しています。

このような問題は、国内の多くのKBAでも起こりえることです。自然と人間生活が調和した社会を築く上で、非常に大きな問題で、従来の「自然保護」の枠組みだけでは解決できないものです。自然が持つ様々な価値がしっかり認識される仕組みがなければなりません。時には、その価値に応じた利益共有・分配の制度も必要になる…

話題のドキュメンタリー「Year's of Living Dangerously」(邦題:危険な時代に生きる)

イメージ
みなさん、こんにちは。広報AIです。

さて、昨年の4月15日に本ブログでも紹介した、米国のドキュメンタリー番組「Year's of Living Dangerously」(邦題:危険な時代に生きる)が、NHK BS1で3月2日深夜から放送されることになりました!

一見すると関係がないようで、実は深くつながっている人間社会と気候変動の問題。米国の著名人がさまざまな角度で問題に関わっている人々をレポートする形で進む番組は、気候変動に関するリアルな現状と環境問題の奥深さを伝えています。エピソード1は、Youtubeでも視聴可能でしたが、英語版のみでした。今回、BS1が全作品を放送することで、日本の視聴者の皆様にもご覧頂きやすくなったと思います。

昨年エミー賞を受賞し、米国の新たなドキュメンタリー大作として評判の本作品は、CIもその製作過程において深く関わってきましたが、CIメンバーが多く出演しております。

まずは、CI副理事長のハリソン・フォード。

ハリソンは、インドネシアで主にパーム油農地拡大による森林破壊が引き起こしている、気候変動の問題をレポートします。ハリソンが、CIの副理事長に就任してから、20年以上たちますが、CIとの出会いは、ハリソンからのコンタクトであったというほどで、セレブリティとしてではなく、自身の危機感と使命感をもって、とても熱心に環境問題に取組んでおります。本ドキュメンタリーでのハリソンの表情を見れば、事態の深刻さが伝わってくると思いますが、あまりの迫真の様子に映画か!?と思わせてしまうあたりは、さすがハリウッドスターです・・・笑

そして、番組内でハリソンとともに行動しているのが、CIの執行副理事長のラッセル・ミッターマイヤー博士。世界で知られる霊長類学者であり、IUCN(国際自然保護連合)の名誉会員でもあります。

そして、現在CIのコミュニケーション部門のエグゼクティブ・バイスプレジデントであり、米国で著名な環境活動家、TVコメンテーターである、M・サンジャヤン博士も気候変動を引き起こす元凶といわれる、エルニーニョ現象が発生する現場を訪れています。(尚、サンジャヤンは、撮影時はまだCIのメンバーではありませんでした。)

そして、ピュリッツァー賞を3度受賞、「フラット化する世界」や「グリーン革命」の著者であり、奥様がCI理事メンバーである、ト…