投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

道路の建設と森林の保護:ボリビアのアマゾンでコミュニティーの力を高める

イメージ
※本ブログ記事は、CI本部の記事を日本語にしたものです。http://blog.conservation.org/2015/05/building-roads-protecting-forests-community-resilience-in-the-bolivian-amazon/#more-22009






アマゾンの熱帯雨林保護の観点でみると、道路建設事業はあまり評判がよくありません。

新たな土地へのアクセスを許可すると、熱帯雨林の生態系に農業や狩猟などの人間活動を誘致することにつながります。これにより、人々や気候に無数の恩恵を与える重要な熱帯雨林の生態系を劣化させる可能性があるからです。

その一方で、道路は地方の暮らしや生活力を高めるために無くてはならないものです。

では、どのようにして熱帯雨林の保護と地方のコミュニティーの快適な暮らしの両立が実現できるでしょうか?

ボリビアのマディディ国立公園は、190万ヘクタールのアマゾンの熱帯雨林を保護しています。公園の東側の境界線沿いの新たな道路建設計画は地元コミュニティーが生産する産品の出荷先である市場へのアクセスを確保する一方で、公園内への人々のアクセスも高めるため、熱帯雨林の減少につながる可能性があります。


CIの取締役会メンバーであるJohn de Neufville氏の支援により、CIは先住民族であるタカナ族と協力して、公園の境界線付近の熱帯雨林地帯の保全に努めています。地元住民は保全活動を行う代わりに、CIから専門的な技術、設備、そして電気や、彼らの非木材産品、手工芸品、そしてエコツーリズム事業への発展を支援を受けることができます。このことを「保全契約」と呼んでいます。

これらの保全契約は、熱帯雨林を保護し、道路と公園間の緩衝区域を維持しながら、タカナ族の人々の営みを支えています。現在の契約では20,688ヘクタールを対象にしていますが、プロジェクトはまだまだこれからです。このプロジェクトではさらに気候変動、世界的な市況の変化、無規制な資源採取などを含む外部圧力に負けない強さを備えた地域社会の構築に貢献しています。


これらの保全契約を通じて、CIスタッフは地元コミュニティーの力を高める手助けを行っています。これらはJudith Rodinの新書「The Resilience Dividend: Being Str…

「Nature is Speaking ~自然は語る~」、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015にて上映!

イメージ
6月4日(木)、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画際「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015(略称:SSFA)」が開幕しました!SSFAは、俳優の別所哲也さんが主催している短編映画祭で今年で17年目ということです。自然や環境問題に関するフィルムを扱う「「地球を救え!」部門にて、CIの製作フィルムに「Nature is Speaking」を特別上映して頂いています。
「Nature is Speaking」は“自然が言葉を持ったら、何を語るか?」というコンセプトで製作された、1本約2分間、全8本のショートフィルムシリーズです。「ジュリア・ロバーツ/母なる自然」、「ハリソン・フォード/海」、「ペネロペ・クルス/水」、「ケヴィン・スペイシー/熱帯雨林」など、CIのキャンペーンに賛同してくださっている、8人の米国著名人が、それぞれ擬人化した自然の”声“を担当しています。


また、「Nature is Speaking」シリーズは、アップル社の”Think different“など一連のキャンペーンやアディダスの広告などで、数多くのカンヌ国際広告賞を受賞している、TBWA〵CHIAT〵DAYのクリエイティブ・ディレクター、リー・クロウ氏がプロデュースした作品です。クロウ氏いわく、「人間よりも数十億年も長く存在している自然に語らせるというアイデアなら、人間がいようがいまいが関係なく、地球は進化し続けるのだ、ということを人々へはっきり伝えられるかもしれないと考えました。」ということです。

CIは、「自然は人間を必要としないが、人間が生きていくためには、自然が必要なのだ。」(=だから自然をこれからも利用できるように努力することは私たちのためでもあるのだ)というメッセージを、社会に伝えるため、そして、自然に言葉を持たせる、という斬新なアイデアにより、人が環境や自然について語るきっかけを提供できると考え、このキャンペーンを開始しました。

「Nature is Speaking」映像はこちらで全作品が見られます(Youtube)


SSFA の「地球を救え!」部門には、世界35ヶ国から計144作品が選考された中、オランダ出身のMarleen van der Werf監督作の「私の大好きな樹(英題:Once Upon a Tree)」が環境大臣賞を受賞しました。ほぼ…

京都スタジアム(仮称)整備事業についての意見(アユモドキ存続のために)

以前もこちらのブログで、京都スタジアム(仮称)整備事業とアユモドキの存続の危機について書きました。先週、関連のパブコメが行われ、CIジャパンも意見を提出しました。委員会が開かれた後になってしまいましたが、今後の議論の何らかの参考になればと思い、アップいたします。


「京都府公共事業評価に係る第三者委員会」事務局 御中

一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 代表理事 日比保史 生態系政策マネージャー 名取洋司
公共事業評価に係る第三者委員会 評価予定案件として、京都スタジアム(仮称)整備事業について意見が求められているので、下記の通り、当方の意見を提出いたします。

コンサベーション・インターナショナル・ジャパンは、本年3月4日付けで代表理事名にて本件に関する意見書を京都府知事、亀岡市長、京都府公共事業評価に係る第三者委員会委員長・各委員宛に提出させていただきました。その中でもっとも強調したのは、「アユモドキ等への影響を最小化し、生息地の保全を確実なものとするために必要なデータや対策の方法論について未だ解明、検討されるべき課題が残されている状況と理解しています。当該地域の世界的な重要性に鑑み、十分な科学的情報を収集し、自然下で生息する絶滅危惧種の個体群の存続が確保されることを期待します。」ということです。意見募集に添えられた資料を拝見した後も、同様の意見です。

また、3月13日には、国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会の下にある淡水魚類専門家グループ(FFSG)の技術オフィサー、同世界保護地域委員会の淡水分野タスクフォースの共同代表、ならびに生物多様性観測ネットワーク(GEO BON)の淡水生態系変化に関するワーキンググループの共同議長を務めるイアン・ハリソン博士からの意見を翻訳を沿えてお届けしました。博士が強調したのは下記です。
•IUCNがまとめる世界のレッドリストでは、アユモドキは「情報不足(DD)」(※)と記載されていますが、これは1996年の情報であり、現状を表していない。これに対し、「ここに、アユモドキは世界レベルで絶滅が最も危惧される種であることを強調いたします」とし、「すでに極度に狭い地域にしか生息しなくなっている種にとって、いかに些細な脅威であろうと非常に深刻です。さらに、この種への脅威を増大させることは、全世界で合意されて…

コンサベーションツール:ドローンを活用した熱帯雨林保護活動

イメージ
※本ブログ記事は、CI本部の記事を日本語にしたものです。 原文 http://blog.conservation.org/2015/05/conservation-tools-how-drones-can-save-rainforests/#more-22039
ブログシリーズ「コンサベーションツール」の最新版。科学者の自然探求および保全活動に役立つ最先端技術にスポットライトをあてて紹介するシリーズです。
Written by CIスリナム広報 ミリアム・ゴメス
2015年5月13日

近年、ドローンは空想科学の世界から近代社会へと飛び出してきました。国家安全保障からクリーニングのお届けまで、幅広い分野での活用が見込まれています。
ただドローン(正式名称:無人航空機)は必ずしもすべての分野で受け入れられているとは限りません。世界中でセキュリティーやプライバシー面での不安を指摘されています。しかし、環境保全の分野においては、ドローンはここ数十年間で最も重要な技術革新の一つになるかもしれません。地球上の最も重要な資源の効果的な保全活動に変革をもたらす可能性を秘めています。
この変革が実際に遂行されているのが世界で最も森林率が高い国、南アメリカのスリナム共和国です。スリナムの森林は大量の淡水をろ過し、何世代もそこに暮らしてきた先住民のコミュニティーに直接的な恩恵をもたらします。しかしこれらの森林は、違法伐採や金採掘によって脅かされているのも事実です。
そこでCIスリナムでは最近、スリナム環境保護部所属の9人のレンジャー(森林警備官)たちにドローンの操作トレーニングを実施しました。トレーニングの目的は、レンジャーの保護責任下にある広大な森林区域におけるドローンを活用した監視方法の教育です。
コンサベーションドローンは、地上の物を詳細かつ高解像度で撮影することが可能です。違法伐採、採鉱活動、密猟活動を含む自然を脅かす人間の活動も捉える事が出来るのです。レンジャーの活動区域が限られた道路、資金、時間で制限される中、ドローンを活用することで関心区域を特定し、脅威をより簡単に探知することが出来ます。

レンジャーたちは、飛行機と形が似ていて離着陸時には開けた場所が必要な、固定羽翼型ドローンを用いてトレーニングを行いました。ドローンの組み立て、飛行準備、そしてドローンと連携しているコンピューター上での飛行…