投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

環境学習で森を体験しよう~ガンプ村の小学校~

イメージ
CI中国Min Fanの文章をCIJ(KT)が訳しました。  6月11日、CI中国のアグロフォレストリー事業チームは、プロジェクトサイトであるガンプ村にある小学校で、環境学習を行いました。この学びを通して、子どもたちが彼らの生活に森林が大切ということを感じ、理解し、そして生涯忘れないことを、また子どもたちの親の環境についての意識も高まることを願っています。 環境教育プログラムでは、子供たちがゲームや実験、アートを通して、楽しく森を体験できるよう工夫されています。「木と水と土」というゲームでは、子どもたちがそれぞれの役割を演じて、適切な密度で木がはえている森だけが、水分の喪失や土壌の浸食を避けることができる、ということを学びました。「クモの巣ゲーム」では、子どもたちが地元にいる動物や植物などに扮し、リボンを使って、お互いのつながりを学びながら、森の中の生き物のネットワークを作り上げていきました。授業の最後には、絵や伝統的な切り絵をもちいて、健全な森をあらわす作品を作り上げました。 6年生のヤンギュイくんは、「自然界に存在するどれひとつが欠けても、この世界が成り立たなくなっていくということが、ゲームを通してよくわかった。ぼくたちは、土や水などがなければ生きていくことはできない。森を守り、自然をより健全な姿にしていくためには、水や土を守らなければならないんだ。」と話してくれました。 ガンプ村は、ミン川(岷江)の上流支流であるザグナオ川の谷に位置しており、森林保全と植生復元がとても重要です。しかし、乾燥している地域であるため木の生育も遅く、水不足と植生の失われた場所での土壌浸食とにより、エコシステムが非常に脆弱です。 2014年7月に、CI中国はガンプ村でアグロフォレストリー事業を始めます。地域コミュニティの保全地域を確立させることで、植生復元と、効率的な共同森林管理を促進させるのです。また、土壌改良の試験地になるアグロフォレストリー実施サイトもたちあげます。持続可能な土地利用のモデルをつくることは、地域コミュニティの気候変動への順応性を改善し、収入を増やすことにつながるのです。

中国南西部山岳地帯におけるアグロフォレストリー事業(2014年10~12月)

イメージ
このプロジェクトは、ダイキン工業の”空気をはぐくむ森”プロジェクトの一環として、ダイキン工業の支援により行っている取り組みです。この記事はダイキン工業へ提出したレポートを編集したものです。

アグロフォレストリーワークショップ
2014年10月15日にアグロフォレストリー&エコフレンドリーワークショップを開催しました。研究所の専門家が来て、アグロフォレストリーの経験や、エコフレンドリー(=環境にやさしい)農業の方法を話してくれました。四川省森林局、理県森林局、四川省の七つの自然保護区のリーダーたちや、私たちのプロジェクトサイトの住民たちも参加して、農業をすすめていく上での問題点などを話し合いました。

アグロフォレストリーワークショップ

翌日には、エコフレンドリー農業を実践している農場に、視察に行きました。参加者たちは、種まきやかんがい対策の新技術や、農業と観光の組み合わせ方を学びました。
エコファーム視察   プロジェクトの実施計画完成!

成都農林研究所(Chengdu Academy of Agricultural and Forestry Sciences)や中国科学院山地災害環境研究所(Institution of Mountain Hazards and Environment of China Academy of Science )から専門家を招いて、プロジェクトの実施計画を完成させました。私たちは、ガンプ村の住民や政府の人たちと何度も話し合いをして、一緒に計画を作ってきました。「果実-野菜-畜産-ミミズ」のリサイクルモデルが採用されるアグロフォレストリーのシステムは、二箇所で実施されます。
アグロフォレストリー実施サイトの計画 地元の住民たちは、アグロフォレストリーシステムをとてもやる気になっています。この活動は、地元の理県との共同出資で行う予定です。そのための申請を理県に出しました。これが受理されれば、20ヘクタール以上の土地でプロジェクトを実施することができるようになります。 地元住民と政府との話し合い 広報
プロジェクトの概要を説明したショートビデオを作成しました。4分程度のもので、音声は中国語ですが、英語の字幕がついています。
これからの予定
生物多様性や土壌、水、気温、社会経済状況に関するデータを集めて、基礎調査を完了させます。また、公有林に植えられている木の苗の世…

中国南西部山岳地帯におけるアグロフォレストリー事業(2014年7~9月)

イメージ
このプロジェクトは、ダイキン工業の”空気をはぐくむ森”プロジェクトの一環として、ダイキン工業の支援により行っている取り組みです。この記事はダイキン工業へ提出したレポートを編集したものです。


南西部山岳地帯の紹介

中国南西部の山岳地帯には、2千メートル以下の渓谷もあれば、7千5百メートルを超える山々もあります。このような複雑な地形と気候が、多様で豊かな生態系を育んでいます。ジャイアントパンダやレッサーパンダはこの山岳地帯の固有種です。

中国南西部山岳地帯ホットスポット

プロジェクトの概要

私たちは、地元の人々が森林保全に積極的に参加し、気候変動の悪影響に適応できるようになるため、アグロフォレストリーと呼ばれる取り組みを中心に活動を行います。アグロフォレストリーは、林業と農業技術を結びつけることによって、より多様で、生産性と収益性が高く、健全で持続可能な土地の利用を目指すものです。

プロジェクトでは、まず、活動を行う対象地を選びました。そして、活動の結果、土地の生産性がどのように変化したかについてデータを収集し、成果を評価する計画です。さらに、広報キャンペーンを行って、気候変動や環境に負荷の少ない農法について人々の意識を高めていきます。

プロジェクトサイトを決定!

私たちは複数の候補地で現地調査を行い、地元の人々や政府機関と話し合いを行いました。その結果、四川省アバ県のガンプ村がプロジェクトの対象地に選ばれました。この村には、249世帯、959人のチベット族の人々が生活しています。

現地調査の様子
ガンプ村の様子

ガンプ村は2008年の地震で大きな被害を受けました。地震後、地元政府は、再植林を通した植生の回復に取り組み、エコツーリズムと野菜栽培を通した生計の建て直しに努めています。

再植林プロジェクトでは、絶滅の危機にあるアバ県固有の針葉樹(Minjiang Cypress)が植えられました。しかし、若い葉っぱの多くが地元の住民が飼育するヤギによって食べられています。地方政府は森の中でのヤギの放し飼いを禁止していますが、法律の執行には課題が残っています。


放し飼いのヤギたち 地元の住民は、白菜を栽培して市場で売っています。白菜の市場価格が下がると、より多くの化学肥料や殺虫剤を使って生産性の向上に努めますが、化学肥料の使いすぎが土壌を劣化させ、生産性を下げてしまっています。

白菜…