投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

種の絶滅問題に希望の光をもたらす、保護成功のお話

イメージ
※本ブログ記事は、CI本部の記事を日本語にしたものです。 
http://blog.conservation.org/2015/06/species-success-stories-offer-glimmer-of-hope-amid-extinction-crisis/

文:Molly Bergen 〔Human Nature 編集責任者〕 


スペインのスペインオオヤマネコのこどもたち。
一連の保護活動の成果によって、この種は10年間で3倍の個体数となり、
絶滅の指標となる、絶滅危惧種に関する
IUCNレッドリストにおいて、「絶滅寸前」から「絶滅危機」に下がるのに十分なほど増加した。

アフリカライオン、アジアホテイラン、ニュージーランドアシカ ― 彼らは象徴的な動物でありながら、固有種でもあります。そして、彼らは皆、絶滅の危機に直面しています。 

IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストは、最低でも年に一度更新されますが、その内容は良いものばかりではありません。2015年6月23日に発表された世界中の種の国際的な評価は、恐竜の絶滅期以来のスケールで、世界的に大量絶滅が起こっていることを示唆しています。

種の絶滅はライフサイクルの中で起こる自然の一つの摂理ですが、環境破壊や過剰狩猟のような人間の活動は、絶滅の速度を通常よりも100~1000倍も速めてしまっています。


以下は最新のレッドリストで発表された主な調査結果です。 

・IUCNによって評価された種のほぼ30%が絶滅の危機に瀕している。そのうち約85%の危機の要因は、生息環境の損失と減衰によるものである。 

・個体数が低下もしくは減衰している種に含まれる、アフリカゴールデンキャットやニュージーランドアシカ、アフリカライオンは、熱心な保護活動にも関わらず、危急種(絶滅危惧Ⅱ類)のままである。 

・生息環境の損失は多くの種にとって危機的な課題であるが、それだけではない。違法な売買がアジアホテイランにとって最も大きな脅威であるように、多くの薬草もまた、過剰採集によって脅かされている。 


種の消失は、動物と植物の存続危機だけではありません。それはまた、温室効果ガスの吸収から飲み水の濾過まで、私たち人間が生きるために依存している“自然生態系の劣化”という悩ましい問題でもあるのです。 

CIの執行副理事長、ラッセル・ミッターマイヤーは最近のブログで…

<イベントレポート>環境省主催「生物多様性民間参画シンポジウム〜生物多様性の主流化に向けた事業者の取組の推進〜」

インターンの長谷山陽大です。7月27日(月)に環境省主催の生物多様性民間参画シンポジウムin東京〜生物多様性の主流化に向けた事業者の取組の推進〜に出席してきました。

シンポジウムではIUCN日本委員会吉田正人会長や環境省生物多様性施策推進室の堀上室長による生物多様性に関するこれまでの動きや、味の素グループ、三井住友信託銀行、イオン、東芝、ソニーなど、生物多様性保全に積極的な企業から自社の取組みや戦略が紹介されました。また、UNDB-J委員長代理で東京都市大学環境学部教授涌井史郎氏をコーディネーターに迎え、スピーカーの方々と生物多様性の主流化に向けた事業者の取組みの推進についてパネルディスカッションが行われました。

以下一部企業の活動紹介とパネルディスカッションの様子を紹介します。

■味の素グループ
 味の素グループはサプライチェーン管理を通じた持続可能な調達の取組みの事例を紹介しました。新戦略として愛知ターゲット目標4:ビジネスと生物多様性に力を入れており、持続可能な生産を実現するため、味の素が事業で使用する自然資本の利用の影響を生態学的限界ではなく、安全な範囲内に抑えるための国際的なビジネスルール作りやビジネスモデルづくりに積極的に参加しているということです。

具体的な取組みとしては①農産資源(発行生産原料)サトウキビ、キャツサバ等のバイオサイクルを実施、②森林生態系資源の保全として認証パームオイル、紙を社会的に推進、③水産資源として太平洋沿岸カツオ目識放流共同調査への参画などが紹介されました。
味の素グループの自然資本保全への取組みの話を聞いて、従来のCSR(corporate social responsibility: 企業の社会的責任)という概念からより積極的な姿勢を意味するCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)への移行を感じました。スピーカー、杉本氏の言葉「企業活動は地球に優しいではなく、地球に正しいでなくてはならない」は、これからの企業に求められる価値観ではないかと思われます。

■東芝
 東芝からは”工場だからこそできる生物多様性保全活動”というテーマで、自社が進める工場内敷地を使った生物多様性保全の取組みが紹介されました。
2015年目標(生物多様性保全に向けたビオトープ実施率100%)達成に向けた施策として、グローバ…