投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

カンボジアの森で採れるもの

イメージ
カンボジアの真ん中に広がる森に行ってきました。衛星画像で見ると、カンボジアには濃い緑の大きな塊がいくつかあります。その中の一つであり、唯一、低地に残る森です。様々な原因で木が切られ、森が失われる中、私たちは、地元コミュニティ、政府、地元NGOと協力して森を保全する準備を進めています。そのための第一歩は、もちろん、森を知り、そこに暮らす人々を知ることです。
以前、「カンボジアの森で寝る」でも書きましたが、今残っている森というのは、ほぼ確実にへんぴな場所にあります。ホテルから日帰りで見るとなると、どうしても限定的になってしまいます。今回は、森で一泊(いわゆる本格的なキャンプ)、そして地元コミュニティのお家に一泊しました。


バイクで移動しながら森の様子や行き交う人々に触れ、地元コミュニティの人たちとCIカンボジアスタッフの対話に耳を傾け、川で体を清め(シャワーなどないので)、村をのんびり歩いたり、日も明けない3時頃からけたたましく鳴く鶏を食べてしまいたくなったり。五感で森と人々の生活を感じる旅だったのですが、このブログでは、森を歩いたときに地元の人たちが教えてくれた、森で採れるもの(非木材産物、Non Timber Forest Product、業界では、略してNTFPと言います)について書きたいと思います。 
まずは、樹脂。樹脂?と思われるかもしれません。私も思いました。樹脂は、防水剤、シーラント、ペンキ、はたまた香水や薬として、実は、何百年もの間、世界中で使われている非木材産物です。身近な漆(液体)や松ヤニ(固体)も樹脂です。カンボジアでも液体の樹脂と固体の樹脂が採取されていますが、特に重要なのは、液体樹脂で、今回訪れた村をはじめ、この森に暮らす多くの村で主要な現金収入源になっています。家の壁や船の塗装に主に使われ、ベトナムやタイにも輸出されています。また、新興国での建設ラッシュ、世界的な自然志向の高まりにより、自然素材である天然樹脂への需要が高まるとも予想されています。 
この辺りでは、落葉樹林ならDipterocarpus intricatus、常緑樹林ならDipterocarpus alatusから樹脂が採れるのですが、落葉樹林で採れる樹脂の方が透明で、高く売れるそうです。全く根拠はないのですが、この価格の上下関係は、意外でした。カンボジアで二つのタイプの森林…

【気候変動:COP21特集ブログシリーズ(4)】
気候変動対策を進めるためには、「森林減少」というヨーロッパへの目に見えない輸入をとめることが必要です

イメージ
パリで開かれているCOP21は2週目半ばに入り、閣僚級の交渉が続いています。CIでは、多くの国が自然を活用した気候変動対策(nature-based solutions)の重要性を認めた結果、合意文書案の様々な箇所で、気候変動への緩和及び適応策としての生態系の役割について言及されていることに力づけられています。引き続き、交渉の行方を注意深く見守っていきます。

さて、国単位で行われる国連の気候変動交渉では、それぞれの国が国内で排出する温室効果ガスの量やその削減への取り組みに意識が集中しがちです。そこで、【気候変動:COP21特集ブログシリーズ】の第4弾では、もう少し視野を広げるための材料を提供したいと思います。
私たちは、国内で毎日食べたり使ったりしているものを通して、国境の外の途上国で多くの温室効果ガスを排出していますが、そのことにあまり意識が向いていません。ヨーロッパでは、途上国からヨーロッパの市場に輸入される大豆やパーム油、牛肉などの農産物を生産するために、途上国の森林が切られ、それが気候変動の誘因になっていることを問題視し、「森林減少をともなわない農産物を選択しよう」という機運が生まれています。今回のブログでは、ヨーロッパでの議論の紹介を通して、私たちの日々の生活が途上国の森林減少にどうか関わっているのか、私たちが一人の消費者、市民として、気候変動対策のために何ができるのか、を考えるきっかけになればと思います。


※以下のブログ記事は、9月20日付けのCI本部の記事「Climate action requires halting Europe’s unseen import: deforestation」を抄訳したものです。文:JEAN-PHILIPPE PALASI



1990年から2008年の間に、ヨーロッパはポルトガルと同じ広さの森林を伐採しました。なぜヨーロッパの人々はそれに気づかなかったのでしょうか。なぜなら、これらの木々はヨーロッパの中でなくなったわけではないからです。木々は、ヨーロッパ市場に入る農作物を育てるために、遠く離れた熱帯雨林で切られました。

国連環境計画(UNEP)によると、森林減少の80%は農業の拡大が引き起こしています。その多くは、大豆、パーム油、牛肉、コーヒー、ココアなどの製品として森林減少を大量に「輸入」する、主要な経済大国が引き…

【気候変動:COP21特集ブログシリーズ(3)】
REDD+の準備は整った?:CIのREDD+専門家、スティーブン・パンフィルへの3つの質問

イメージ
「自然を活用した気候変動対策(nature-based solutions)」は、気候変動の緩和と適応の両方に有効です。前回のブログシリーズでは適応策を取り上げましたが、今回は自然の力を活用した緩和策に着目します。最近の研究によると、2度以下に気温上昇を抑えるために必要な排出削減の30%は、自然の力を活用して達成できるといわれています。しかし、そこに使われている資金はすべての気候変動対策資金の3%にすぎず、現状では潜在的な能力に見合った力を発揮できているとはいえません。
今回は、【気候変動:COP21特集ブログシリーズ】の第3弾として、自然を活用した緩和策の一つである「森林の減少と劣化に由来する排出の削減(REDD+)」を取り上げます。CIのREDD+専門家であるスティーブン・パンフィルが、COP21交渉におけるREDD+の扱いやCOP後に必要となるアクションなどを解説します。
※以下のブログ記事は、CI本部の記事「Ready for REDD? 3 questions about forests and climate change for Steven Panfil」を日本語にしたものです。文:CASSANDRA KANE 
木を切るのをやめて、気候変動を止める?物事はそれほど単純ではありませんが、世界の温室効果ガスの10分の1以上の排出源となっている森林の減少をとめれば、世界の平均気温の上昇と気候変動の影響を抑えることができます。

世界のリーダーたちが気候変動対策への最終合意を目指してパリに集まっています。そこでは、REDD+として知られる「自然を活用した緩和策」は重要な位置づけを占めるものである、とのモメンタムが出来上がっています。COP21の初日に、ドイツ、ノルウェー、イギリス政府が2020年までにREDD+への支援を拡大するために50億ドルをコミットしました。「森林の減少と劣化に由来する排出の削減」の短縮形と、森林の保全と持続可能な管理という追加的な特徴を表す「+」を合わせた「REDD+」は、コミュニティや地域、国が手付かずの森を守り、森林減少による炭素の排出を防ぐ資金的なインセンティブを提供します。

REDD+は最終的な気候変動合意でどのような役割を果たすのでしょうか。そして私たちはどのよにその活動資金をまかなうのでしょうか。CIのREDD+に関する技術アド…