投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

GEF-Satoyamaプロジェクト レジリエンス指標トレーニング in タイ

イメージ
みなさま、こんにちは。
広報の磯部です。

CIジャパンは、昨年9月より、人が生活し利用している環境で、生物多様性と生態系サービスの保全を通じて自然と共生する社会構築を目指す、「GEF-Satoyamaプロジェクト」を実施しており、3地域10ヶ国、10件のプロジェクトを支援しています。
自然環境やコミュニティーの能力開発は客観的な評価が難しいのですが、有効な方法のひとつとして、「レジリエンス指標(Indicators of Resilience)」を測定に使っています。

GEF-Satoyamaプロジェクトでは、インド-ビルマ、マダガスカルおよびインド洋諸島、熱帯アンデスの各3つの生物多様性ホットスポットでプロジェクトを支援して、具体的な事例を積み上げていくことがひとつの柱になっています。7月25日から27日の3日間、タイのチェンマイにおいて、インドビルマホットスポットのパートナーを対象に、「レジリエンス指標(Indicators of Resilience)」に関するトレーニングを開催しました。本トレーニングは、GEF-Satoyamaプロジェクトが取り組む能力構築の一環です。トレーニングには、タイ、インド、ベトナム、カンボジア、フィリピン、ミャンマーから合計27名が参加しました。


■1日目
IGES(地球環境戦略研究機関)の松本郁子氏とUNU-IAS(国連大学サステナビリティ高等研究所)のウィリアム・ダンバー氏をトレーナーに迎え、3日間をかけて参加者たちの能力向上をサポートしていきます。






初日は、参加者たちの自己紹介、そして、レジリエンス指標とは何なのか?どう使うのか?など、実際にいくつかの指標を参考に取り上げ、現地コミュニティにおいて、レジリエンス指標ワークショップを開催するためのレッスンが行われました。



レジリエンス指標(Indicators of Resilience)とは、環境や社会情勢の変化に対し、コミュニティーが柔軟に対応できるために必要な次の20の項目からなっています。

1) ランドスケープおよびシースケープの多様性 2) 生態系保護 3) ランドスケープおよびシースケープでの生態学的関係 4) ランドスケープおよびシースケープの回復力 5) 地産食品の多様性 6) 作物および家畜の多様性 7) 共有資源の管理 8) 生産、保全活動のイ…