投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

何故先住民族の権利は問題なのか?

イメージ
※本ブログはCI本部の記事「Why indigenous rights matter?」を和訳したものです。

エディターズノート:気候変動におけるパリ協定のように、グローバルな政策決定での先住民族への関心が高まっている、という事は、先住民族の知恵や権利、そして最も生物多様性の重要な場所を保護していくための彼らのきわめて重大な役割への理解が高まってきている、という事の反映です。


保全団体や開発団体によって考慮される先住民族権利の重要性とは裏腹に、これらの政策決定にかかわるネットラークの外側では、先住民族権利に関しての認識は、遅々として広まっていかない現状があります。 リオやニューヨーク、ブリュッセルなどで、粘り強い交渉の末にひねり出された環境関連の国際政策が、実に およそ3億7千万人にも及ぶ世界中の先住民族はなはだしく有害に働く、という事実について、西洋社会において自然保護にかかわっている多くの人々はとても驚かれるかもしれません。

下記のインタビューにおいてコンサベーション・インターナショナルの先住民族および伝統的民族プログラムのディレクター、ミニー・デガワンは、自然保護に考慮する際、先住民族が直面している課題について、焦点を当てています。
________________________________________

質問:国境の持つ意味合いが薄れつつあるグローバル世界の中で、なぜ先住民族団体だけが、特別の扱いや認定を受けるに値するのでしょうか?

回答:先住民族自身が特別の権利や扱いを求めている訳ではありません。そのことをはっきりさせましょう。むしろ、彼らは、何世代にもわたって伝統的な領域を持続可能に管理してきた貢献に対する認知、そして、土地の非所有を通した最悪の形での抑圧の対象となり、現在も対象となり続けている事実への認知を求めているのです。さらに、この事実は、気候変動などと関係する可能性のある将来の変化に対応するための知識を含んでいるかもしれず、彼らの知恵の根本を破壊しています。

先住民族は気候変動の被害者で、且つ、環境との何年にもわたる相互作用から発展させてきた知識を持っている、という事なのです。それは人類への利益となるでしょうし、彼らは解決策を探るため他の人々との連携を求めているのです。しかも、それは、連携、パートナーシップでなければなりません。(同化や強制ではなく)

マングローブについて知っておきたい6つのこと

イメージ
こんにちは。CIジャパンのインターンの名倉麻梨香です。皆さんはマングローブについてどのような印象を持っていますか?南国のイメージでしょうか?それとも水に浸かった不思議で神秘的な木?カヤックでマングローブ林に入ったよ!という方も少なくはないでしょう。はたまた、芸能人の顔を思い浮かべる方もいるかもしれません。様々な答えが返ってきそうですが、多くの日本人にとって、マングローブは身近な植物ではないと思います。私自身、マングローブについての知識は全くなく、なんと下記のブログ記事を訳すまでマングローブは一つの種だと思っていました。実はマングローブという種はなく、70種以上の植物の総称なんですよ!
世界には多くのマングローブ林が存在し、その地域のコミュニティと密接に関わっています。また、マングローブ林は多様な生態系を維持し、地球温暖化に代表される気候変動対策のカギをも握っています。しかし、多くのマングローブ林は今なお伐採され、失われているのです。CIではマングローブ林を保全・再生するために多くの取り組みを行っています。

遠い国のことだと思わず、ぜひマングローブについて興味を持っていただけると嬉しいです。

※本ブログ記事は7月25日に投稿されたCI本部のブログ記事を和訳したものです。