投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

GEF-Satoyamaプロジェクト 「マダガスカルおよびインド洋諸島」 訪問記(後半)

イメージ
科学応用マネージャーの名取洋司です。「マダガスカルおよびインド洋諸島」生物多様性ホットスポットを訪問した訪問記の後半です。

◇◇◇セイシェル◇◇◇
 
6月22日。モーリシャスでの視察を無事に終え、夕方のフライトでセイシェルに移動しました。セイシェル便は、ビジネスクラスにアップグレードされ、非常に快適でした。2時半の短いフライトですが、おいしい夕食とお酒を頂き、ご機嫌でセイシェルに到着した次第です。現地のパートナーのGreen Islands Foundation (GIF)と空港で待ち合わせ、滞在中のスケジュールを確認しながらホテルに移動。この日はこのまま終了。





ここでのプロジェクトは、零細漁業による絶滅危惧種の混獲を減らすための、行政と漁師による共同管理計画を作ること。そのために必要になる、水揚げされる魚の種や大きさを島内の決められた市場や水揚げ場でモニタリングしています。セイシェルでは、島の周りに400万ヘクタールに及ぶ浅瀬が広がっていて、ここでは零細漁業しかできないことになっています。したがって、このプロジェクトで作成される共同管理計画は、400万ヘクタールの海域の保全と持続可能な利用にむつびつきます。

6月23日。朝8時にGIFと待ち合わせ、9時にセイシェル環境・気候変動省にてGEFのOperational Focal Pointと会議。GEF-Satoyamaプロジェクト全体の紹介を私がした後、GIFが自らのプロジェクトを紹介をしました。
環境・気候変動省での会議の後、GIFのオフィスに移動し、プロジェクトの進捗の確認をしました。会議が始まる前に、GIFの理事会長であり、GIFの母体である会社をの経営者から、会社の紹介を受けました。個人所有の島のリゾート事業を行っているところで、環境の取り組みもいろいろ行っていることを聞きました。しかし、一番記憶に残ったのが、1泊1500ドルもするリゾートだということです。その時は驚きましたが、調べてみると、セイシェルでは驚くほど高いものではないようです。
さて、プロジェクトの会議本体。進捗確認は無事に終わり、改善点などを話し合いました。ランチの後、会計の検査。会計報告にある支出から、いくつか抜き出して裏付け書類を確認するのですが、私にとって決して面白いも…

GEF-Satoyamaプロジェクト 「マダガスカルおよびインド洋諸島」 訪問記(前半)

イメージ
科学応用マネージャーの名取洋司です。CIジャパンが2年前より、生物多様性のための国際基金である地球環境ファシリティ(Global Envirounmental Facility:GEF)からの資金を元に主導して進めている、「GEF-Satoyamaプロジェクト」では、世界10か国で、10件のプロジェクトを支援しています。
今回は、10件のうち4件のプロジェクトがある「マダガスカルおよびインド洋諸島」生物多様性ホットスポットを訪問した話しをしようと思います。
CIジャパンのスタッフの出張には、こんなものもあるんですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回の出張の目的は、現地から届く四半期報告書にある進捗状況を現地で直接確認すること、そして、報告書に無い課題や成果について把握し、適切な対応について協議することです。今回は、私に加え、プロジェクト・オペレーションズ・マネージャーの小笠原が途中モーリシャスまで同行しました。さらに、GEF資金の「実施機関」として本プロジェクトの円滑な実施を支援しながら、CIジャパンの執行機関としてのパフォーマンスを監督する立場である、CI本部から3名がマダガスカルからセイシェルまで同行しました。

出張のスケジュールは下記の通りです。2週間半で4か国を回りました。支援しているプロジェクトの内容も含めながら、見てきたことや写真を中心にお伝えします。

◇◇◇スケジュール◇◇◇

6月13日 成田発。アブダビ、セイシェル経由でマダガスカルへ
6月14日 11:50 アンタナナリボ着
      16:00 マダガスカル環境省にてGEF Operational Focal Pointと会議
6月15日 7:00 国内線にてMaroantsetraへ移動
       午後 Wildlife Conservation Society (WCS)と会議
6月16日 6:00 フィールド視察
6月17日 午前 WCSにて会議/ユースとの活動を視察
      午後 ノージーマンガべ保護区を視察
6月18日 17:50 国内線にてアンタナナリボへ移動
6月19日 9:00 ホテルにてWCSカントリーディレクターと打ち合わせ
      11:00 JICAマダガスカル事務所にて打ち合わせ
      12:30 CIマダガスカル訪問
      16:…