投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

現役大学院生がきく”CIジャパンスタッフの「世界を舞台に働く」”とは 第3回目 浦口 あや vol3

イメージ
こんにちは。CIインターンの菊池です

浦口あやさんのインタビューのvol3です!(バックナンバーを読んでない方はこちら→ vol1vol2)
vol3もvol1、vol2に引き続き、CI政策パートナーシップシニアマネージャーの“浦口 あや”さんのインタビューです!
浦口さんのインタビューは今回で最終回です!今回は、浦口さんに未来のことについて伺ってみました!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 浦口あや AyaUraguchi, PhD
コンサベーション・インターナショナル ジャパン
専門は森林生態学(博士/北海道大学)。三菱総研にて、国内外の炭素クレジットを活用した森林プロジェクト形成の支援、森林モニタリング技術に関する研究などに携わる。2010年より現職にて、森林プロジェクト、気候変動分野を担当する。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*CIジャパンの今後の課題について


菊池:CIは気象変動や生物多様性の保全など、地球規模の未来に関わる問題に取り組んでいますよね。そんな、CIジャパンにとっての今後の課題とはどのようなことですか?

浦口:CIジャパンはもっといろいろな人と一緒に何かをやっていきたいと考えているので、もっとパートナーを増やしていくことがとても大切だと思います。

「環境って、人によっていろいろなとらえ方があると思うんですよね。」
CIジャパン自体はそんなに大きくないので、私たちだけではできることは少ないけれど、

環境や自然って本当はとてもいろいろなところとつながっているので、そのつながりを考えると私たちのパートナーシップはまだまだ足りないし、日本には一緒に何かをやれたらきっと面白いパートナーがもっとたくさんいるので、その部分をもっと広げていきたいなと思っています。
菊池:パートナーというのはCI側から声をかけに行くこともあるのですか?

浦口:これまでのところ、あまり多くないですね。
というのも、特に私の担当する仕事は、今のところ社会貢献・CSRの一環でのパートナーシップが多いので。コンサルティング会社が引き合わせてくれたこともあります。
菊池:パートナーを増やすという目的のためには、今何をすべきだと考えていますか?
浦口:“いろんな人に会うこと”

例えば、金融関係の会社とこういうことがしたいというアイ…